2010年07月08日

通信販売サイトが日本語で表示

成長期(1980年代後半) 1980年代後半からは、当初よりも裏ビデオで作られた作品のほかに合法的なアダルトビデオの映画制作会社からの破産や借金の肩代わりを取るなどの方法で流出した無修正マスターテープをコピーしたことが参加した。元々は合法的なアダルトビデオのための出演女優の質が高く鑑賞に耐える一方、擬似性交が大半であるため、面白み欠ける欠点があった。また、アマチュアの撮影が人気を集めたのもこの頃だった。 それまでの裏ビデオは、実際の性行為を記録したものと言って良いセックスと射精、中出しも本当に行っていた、この時期以降の作品で、一般的な流通"表モノ"と同様、擬似精液を使用するか、偽の性交渉が当たり前になっていった。 1988年秋、昭和天皇が危篤状態になったら(来年1月7日に死亡)、社会全体が自制心な雰囲気になる中、警察当局は、それを口実に、1989年までの取締りに乗り出し、自主制作の作品は、壊滅的な打撃を受け取った。その後、上記の合法アダルトビデオの"流出"なものが主流だった。そのため、裏ビデオが本来持つ後ろめたやアンダーグラウンド、今後のアマチュアが醸し出す独特の不審な雰囲気が破損し、裏ビデオから離れていったマニアも少なくない。 成熟期(1990年代後半から2000年頃) DVDの一般的な普及に伴い、メディアの形態がVHSビデオカセットからDVDに置き換えられて行ったのだが、DVDのデジタル録画するために何回も重ねてダビングしても画質が低下するのではなく、鮮明な画質で作品を鑑賞することができた。内容は"日本人出演の海外作品"と呼ばれることが増えてきて、また、これらは一般に"米国在住の日本人向け"になっている場合が多い。しかし、成人向けコンテンツの通信販売サイトが日本語で表示され、日本からの代金決済や日本に輸出出荷をサポートするなど、実質的に日本に居住する人々に向けたものとなっている場合も多い(関税法の海賊版のために、DVDの輸入をしている場合には、関税を没収・返送したり、罪に問われる場合がある。しかし、業者側も没収の時の再送オプションを提供し、DVDではなく、何か見え発送するなど、いたちごっこが続いている)。日本裏業者製品は、日本でのプレスがないので、DVDで最もDVD - Rである。
posted by sora17588 at 17:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。