2010年06月30日

セルビデオや企画系の裏dvd

いくつかの作品には挿入せずに、疑似本番して偽の精液を使用することができる。疑似本番は、モザイクをかけることを知る難しいですが、女優たちの演技がすぐに明らかにしまうと感じる視聴者もいるので、より実際には見えるようにする女優の演技力が要求される。いわゆる1つの女優の場合、顔などの外見での販売(レンタルの回転率)を得ることができると判断するため、疑似本番が稠密な時期もある。一方、本番する必要が満たしていないと、視聴者が増えていると見る向きもある。特にインディーズ系ビデオ(セルビデオ)や企画系の裏dvdで、本番行為し、視聴者の要求に応じることができない状況であり、ほとんどの作品での本番行為をしているという。 経口避妊薬の使用モザイクをかけることを日本の合法アダルトビデオは、本番行為を定期的に実行するようになった1990年代半ばから、コンドームを着用することが多くなっている。 ストーリーを持っている作品は、射精が近づくにつれ腰の動きが激しくなって息が荒く俳優の動きを把握するために、コンドーム着用の状態の女優の質内に射精することもありますが、本番行為が終わった顔射など、膣外射精のため射精直前に学び、自分の手によって急にコンドームが除外されて手の中に隠されている場合もある。この事実は、アダルトビデオの普及に伴い、広く知られるようになった。 一部は別のコンドームが"見切れて"いる(=不意に見えないてしまった)の作品もありますが、"コンドームの使用が視聴者に伝わると興奮度が薄れるのではないか"という観点から、それらの着用を露骨にしている映像は少ない。 逆に、アダルトビデオからコンドームの装着が当然だと視聴者に認識されるようになっては、女優の知らない間にこっそりコンドームを分離して本番行為を続けている作品や、装着したコンドームを意図的に穴を一時的なコンドームの破損事故を演出している作品(『ゴム先ちょっきん中出し』・メガハーツ)なども作られている。 一方、完全にコンドームを着用していることを説明している作品もあって、あえて射精後のコンドームから精液を垂らして、AV女優が飲むという組織の作品も見られる。例えば、『顔は日本カラダは車中!!』(夏目ナナSODクリエイト)では、AV女優が車の外に顔だけを出す前に使用したコンドームから精液を手に搾りを飲む行為を数回実施している。
posted by sora17588 at 17:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。